住宅購入に親からの支援は有効?バレるリスクや税金、お礼、頭金など知っておくべきポイントを徹底解説

 


マイホーム購入は人生の中でも大きな決断の一つです。資金面で不安を感じている方も多いのではないでしょうか? そんな時に役立つのが、親からの支援です。近年、住宅購入に親からの資金援助を受けるケースが増えています。

しかし、親からの支援を受ける際には、バレるリスク税金お礼など、様々な注意点があります。また、頭金中古住宅の場合の注意点も異なります。

そこで今回は、住宅購入に親からの支援を受ける際の知っておくべきポイントを徹底解説します。

1. 住宅購入 親からの支援 バレる?

親からの支援は、贈与という形で受け取る場合が一般的です。贈与は基本的に非課税ですが、年間110万円を超える部分には贈与税が課税されます。

贈与税を回避するために、現金で受け取る方法もありますが、銀行振り込み不動産の名義変更など、金銭の流れが明確に残る方法で受け取る場合は、バレるリスクが高くなります。

もしバレてしまった場合、贈与税の追徴課税を受けるだけでなく、所得税住民税の加算課税を受ける可能性もあります。

バレない方法としては、住宅取得等資金贈与の非課税制度を利用する方法があります。この制度を利用すれば、最大1,000万円まで非課税で受け取ることができます。

住宅取得等資金贈与の非課税制度を利用する場合は、以下の条件を満たす必要があります。

  • 贈与者が**直系尊属(両親、祖父母)**であること
  • 贈与を受ける人が住宅の新築、取得、増改築に資金を使用すること
  • 贈与を受ける人がマイホームを 2年間 自己居住すること

詳しくは、国税庁のホームページなどで確認してください。

2. 住宅購入 親からの支援 確定申告

親からの支援を受け取った場合は、確定申告をしなければなりません。

確定申告では、贈与を受けた金額所得として申告する必要があります。ただし、住宅取得等資金贈与の非課税制度を利用した場合は、非課税枠の範囲内であれば申告する必要はありません。

確定申告をする際には、以下の書類が必要です。

  • 贈与税申告書
  • 贈与承諾書
  • 金銭の出金伝票
  • 不動産の名義変更登記簿謄本

確定申告は、毎年3月15日までの期限内に済ませる必要があります。

3. 住宅購入 親からの支援 税金

親からの支援を受け取った場合、贈与税所得税の2つの税金がかかります。

贈与税は、年間110万円を超える部分に課税されます。贈与税率は、累進課税となっており、贈与額が多くなるほど税率が高くなります。

所得税は、贈与を受けた金額所得として課税されます。所得税率は、総合課税となっており、他の所得と合算して課税されます。

住宅取得等資金贈与の非課税制度を利用すれば、最大1,000万円まで非課税で受け取ることができます。

4. 住宅購入 親からの支援 お礼

親からの支援を受けた場合は、お礼をすることが大切です。

お礼の方法は、現金で渡す、旅行に連れて行く、食事をおごるなど、親の希望に合わせた方法を選びましょう。

また、感謝の気持ち言葉で伝えることも忘れずに。

5. 住宅購入 親からの支援 頭金

親からの支援を頭金として利用する場合、住宅ローンの審査に通りやすくなるというメリットがあります。

また、自己資金が多ければ、金利が低くなるというメリットもあります。

ただし、親からの支援全額頭金として利用する場合は、返済能力が十分かどうか慎重に検討する必要があります。

6. 住宅購入 親からの支援 相続

親からの支援を相続として受け取る場合は、相続税がかかります。

相続税率は、相続財産総額によって決まります。相続財産が多ければ多いほど、相続税率も高くなります。

相続税を回避するためには、贈与という形で受け取る方法があります。贈与は基本的に非課税ですが、年間110万円を超える部分には贈与税が課税されます。

住宅取得等資金贈与の非課税制度を利用すれば、最大1,000万円まで非課税で受け取ることができます。

住宅取得等資金贈与の非課税制度を利用する場合は、以下の条件を満たす必要があります。

  • 贈与者が**直系尊属(両親、祖父母)**であること
  • 贈与を受ける人が住宅の新築、取得、増改築に資金を使用すること
  • 贈与を受ける人がマイホームを 2年間 自己居住すること

詳しくは、国税庁のホームページなどで確認してください。

7. 住宅購入 親からの支援 中古

親からの支援を中古住宅購入に利用する場合、注意が必要です。

中古住宅は、新築住宅よりも価格が安いというメリットがありますが、欠陥老朽化などが懸念されます。

親からの支援を中古住宅購入に利用する場合は、物件の状態をしっかりと確認することが重要です。また、修繕費などの費用も考慮する必要があります。

8. 住宅購入 親からの支援なし

親からの支援を受けずに住宅を購入することも可能です。

親からの支援がない場合は、自己資金を多く用意する必要があります。自己資金が多いほど、金利が低くなるというメリットがあります。

また、住宅ローンの審査にも通りやすくなります。

自己資金を多く用意するのは難しい場合は、補助金制度融資などを利用する方法もあります。

補助金制度融資を利用することで、自己資金の負担を軽減することができます。

住宅購入は、人生の中でも大きな決断です。親からの支援を受けるかどうかは、慎重に検討する必要があります。

親からの支援を受ける場合は、バレるリスク税金お礼など、様々な注意点を理解した上で、計画的に利用することが大切です。

親からの支援を受けずに住宅を購入する場合は、自己資金を多く用意する必要があります。補助金制度融資などを利用することで、自己資金の負担を軽減することができます。

住宅購入に関する疑問不安は、専門家に相談することをおすすめします。

このブログの人気の投稿

銀行から転職:キャリアアップを目指すためのガイド

親からお金を借りる:メリット・デメリット、トラブル回避策、税金対策まで徹底解説

経帷子:読み方、西洋との違い、死装束との比較、着せ方、意味、作り方、日蓮宗での使用、通販情報まで徹底解説