アイプチでかぶれた!原因と対処法、再発防止策を徹底解説

 


アイプチは、手軽に二重まぶたを作れる便利なアイテムですが、かぶれてしまう人も少なくありません。

かぶれは、まぶたが赤く腫れたり、痒みが出たり、ひどい場合は水ぶくれができることもあります。

今回は、アイプチかぶれた場合の原因対処法、そして再発防止策について詳しく解説していきます。

1. アイプチ かぶれ 治し方

アイプチかぶれた場合は、以下の対処法を試してみてください。

  • アイプチの使用を中止する: 一番大切なのは、かぶれの原因であるアイプチの使用を中止することです。
  • 患部を冷やす: 患部を冷やすことで、炎症を抑えることができます。冷えタオルや保冷剤などを使いましょう。
  • 患部を清潔に保つ: 患部を清潔に保つことも大切です。石鹸や水で優しく洗い、よく乾かしましょう。
  • 市販の薬を塗る: 市販のステロイド軟膏ヒルドイドクリームなどを患部に塗ることで、症状を緩和することができます。

症状がひどい場合や、長引く場合は、皮膚科を受診しましょう。

2. アイプチ かぶれ ワセリン

ワセリンは、保湿効果が高いため、かぶれ治癒を助ける効果があります。

ワセリンを患部に塗る場合は、以下の点に注意しましょう。

  • 無香料、無着色のものを選ぶ: 香料や着色は、かぶれを悪化させる可能性があります。
  • 少量ずつ塗る: 最初は少量ずつ塗り、様子を見ながら量を増やしましょう。
  • 患部を清潔にしてから塗る: 患部を清潔にしてからワセリンを塗りましょう。

ワセリンは、かぶれが完全に治るまでは使用を控えましょう。

3. アイプチ かぶれ 冷やす

アイプチかぶれた場合は、患部を冷やすことで、炎症を抑えることができます。

冷やす方法は、以下の通りです。

  • 冷えタオル: 濡らして絞った冷えタオルを患部に当てます。
  • 保冷剤: タオルに包んだ保冷剤を患部に当てます。
  • 市販の冷却シート: 市販の冷却シートを患部に貼ります。

冷やす時間は、10~15分程度を目安にしましょう。

4. アイプチ 急に かぶれる

アイプチ今まで使っていたのに、急にかぶれた**という場合は、以下の原因が考えられます。

  • 成分変更: メーカーがアイプチ成分を変更した可能性があります。
  • 使用量: いつもよりアイプチ使用量が多かった可能性があります。
  • 体調: 体調が弱っているときにかぶれやすいです。
  • 季節: 乾燥するは、かぶれやすいです。

原因がわからない場合は、皮膚科を受診しましょう。

5. アイプチ ラテックスフリー かぶれた

ラテックスフリーアイプチでも、かぶれる可能性があります。

ラテックスフリーアイプチでも、香料着色料などの添加物によってかぶれる場合があります。

アイプチを購入する際は、成分をよく確認しましょう。

6. アイプチ かぶれる原因

アイプチかぶれる主な原因は、以下の通りです。

  • 接着剤: アイプチ接着剤は、アレルギーの原因となることがあります。ラテックスフリーのアイプチでも、アクリル樹脂などの接着剤が含まれているため、かぶれる可能性があります。
  • 香料・着色料: アイプチに含まれる香料着色料は、かぶれの原因となることがあります。特に、香料かぶれやすい成分として知られています。
  • 防腐剤: アイプチに含まれる防腐剤は、かぶれの原因となることがあります。パラベンなどの防腐剤は、かぶれやすい成分として知られています。
  • 摩擦: アイプチまぶたこすり込むように塗ると、摩擦によってかぶれが起こる可能性があります。
  • 乾燥: まぶた乾燥していると、バリア機能が低下し、かぶれやすくなります。

アイプチかぶれた場合は、原因を特定することが大切です。

原因がわからない場合は、皮膚科を受診しましょう。

7. アイプチ かぶれ対処法

アイプチかぶれた場合は、以下の対処法を試してみてください。

  • アイプチの使用を中止する: 一番大切なのは、かぶれの原因であるアイプチの使用を中止することです。
  • 患部を冷やす: 患部を冷やすことで、炎症を抑えることができます。冷えタオルや保冷剤などを使いましょう。
  • 患部を清潔に保つ: 患部を清潔に保つことも大切です。石鹸や水で優しく洗い、よく乾かしましょう。
  • 市販の薬を塗る: 市販のステロイド軟膏ヒルドイドクリームなどを患部に塗ることで、症状を緩和することができます。

症状がひどい場合や、長引く場合は、皮膚科を受診しましょう。

8. アイプチ かぶれ 何日で治る 知恵袋

アイプチかぶれた場合の治癒期間は、症状の程度や体質によって異なります。

軽いかぶれであれば、数日で治ることもあります。しかし、ひどいかぶれ**の場合は、数週間かかる場合もあります。

かぶれ長引く場合は、皮膚科を受診しましょう。

知恵袋などの情報サイトでは、医療的なアドバイスを受けることはできません。

かぶれが気になる場合は、皮膚科を受診しましょう。

再発防止策

アイプチかぶれ再発させないためには、以下のに注意しましょう。

  • パッチテストを行う: 新しいアイプチを使用する前に、必ずパッチテストを行いましょう。
  • 低刺激性のアイプチを選ぶ: 香料着色料防腐剤などが少ない低刺激性アイプチを選びましょう。
  • まぶたを清潔に保つ: まぶた清潔に保ちましょう。メイク前にまぶた洗顔し、メイク後はクレンジングでしっかりメイクを**落としましょう。
  • まぶたを保湿する: まぶた保湿することで、バリア機能を高め、かぶれ予防することができます。
  • こすりすぎない: アイプチを塗るときは、まぶたこすりすぎないように注意しましょう。

アイプチは、二重まぶたを作る便利なアイテムですが、かぶれには十分注意しましょう。

かぶれが気になる場合は、皮膚科を受診しましょう。

このブログの人気の投稿

銀行から転職:キャリアアップを目指すためのガイド

親からお金を借りる:メリット・デメリット、トラブル回避策、税金対策まで徹底解説

経帷子:読み方、西洋との違い、死装束との比較、着せ方、意味、作り方、日蓮宗での使用、通販情報まで徹底解説