アイプチで二重になる?効果ややり方、バレるかどうかまで徹底解説

 


はじめに

二重瞼は、顔の印象を大きく左右する重要なパーツです。アイプチは、手軽に二重瞼を作ることができる便利なアイテムですが、正しい使い方や注意点を知らないと、効果がなかったり、バレたりしてしまう可能性があります。

この記事では、アイプチで二重になるかどうか、効果ややり方、バレるかどうかについて詳しく解説します。

アイプチ50代

アイプチは、年齢に関係なく使用できます。50代の方でも、アイプチで二重瞼を作ることは可能です。ただし、50代になるとまぶたの皮膚がたるみやすくなり、アイプチの効果が出にくくなる場合があります。そのような場合は、アイプチとテープを併用したり、医療的な二重整形を検討するのも一つの方法です。

アイプチから埋没 バレる

アイプチで二重瞼を作った後、埋没式二重瞼手術を受けることは可能です。ただし、アイプチの跡が残っていると、手術がうまくいかない可能性があります。埋没式二重瞼手術を受ける前に、アイプチの使用を控えることをおすすめします。

平行二重から末広二重 アイプチ

平行二重と末広二重は、二重瞼の形が異なります。アイプチで平行二重を末広二重にすることは可能です。ただし、平行二重と末広二重の幅や形が大きく異なる場合は、アイプチで完全に形を変えることは難しい場合があります。

元から二重 アイプチ

もともと二重瞼の方でも、アイプチを使って二重瞼の形を整えたり、幅を広げたりすることができます。ただし、アイプチの使い過ぎは、まぶたの皮膚を傷めてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

アイプチ 3重になる

アイプチを使い過ぎると、二重瞼が3重になってしまう可能性があります。3重瞼になると、目が小さく見えたり、不自然に見えたりする可能性があります。アイプチを使用する際は、適量をまぶたの裏側に軽く塗り、まぶたを軽く押さえるようにしましょう。

アイプチから整形 バレる

アイプチで二重瞼を作った後、切開式二重瞼手術を受けることは可能です。ただし、アイプチの跡が残っていると、手術がうまくいかない可能性があります。切開式二重瞼手術を受ける前に、アイプチの使用を控えることをおすすめします。

アイプチ二重やり方

アイプチの二重瞼のやり方は、以下の通りです。

  1. まぶたの皮脂や汚れを落とします。
  2. アイプチ専用のプッシャーを使って、まぶたを軽く持ち上げます。
  3. アイプチをまぶたの裏側に薄く塗ります。
  4. まぶたを軽く押さえて、二重瞼のラインを作ります。

アイプチ 奥二重から二重

奥二重の方でも、アイプチで二重瞼を作ることは可能です。奥二重の場合、まぶたの裏側の溝に沿ってアイプチを塗るようにしましょう。

アイプチ どれくらいで二重になる

アイプチで二重瞼になるまでの時間は、個人差があります。すぐに二重瞼になる人もいれば、数回練習が必要な人もいます。

まとめ

アイプチは、手軽に二重瞼を作ることができる便利なアイテムですが、正しい使い方や注意点を知らないと、効果がなかったり、バレたりしてしまう可能性があります。アイプチを使用する際は、この記事で紹介したポイントを参考に、自分に合った方法を見つけてください。

このブログの人気の投稿

銀行から転職:キャリアアップを目指すためのガイド

親からお金を借りる:メリット・デメリット、トラブル回避策、税金対策まで徹底解説

経帷子:読み方、西洋との違い、死装束との比較、着せ方、意味、作り方、日蓮宗での使用、通販情報まで徹底解説