埋没法が取れかけ!?サインと対処法を徹底解説

 


二重手術の中でも手軽で人気の高い埋没法ですが、数年経つと糸が取れてしまうことがあります。今回は、埋没法が取れかけのサインと、その時の対処法について詳しく解説します。

1. 埋没法が取れかけのサイン

以下のようなサインがあれば、埋没法が取れかけの可能性があります。

  • 二重ラインが薄くなる
  • 二重ラインが左右非対称になる
  • まぶたが腫れる
  • まぶたが痛い
  • 糸が飛び出ている

これらのサインに気づいたら、早めに眼科医に相談しましょう。

2. 取れない埋没法

埋没法は、糸でまぶたを留めるため、永久的な方法ではありません。糸が切れてしまったり、まぶたの組織が変化したりすることで、取れてしまうことがあります。

一般的には、埋没法の効果は約2~3年と言われています。しかし、個人差や施術内容によって、効果の持続期間は異なります。

3. 埋没が取れる原因

埋没が取れる原因としては、以下のものが考えられます。

  • 糸の劣化
  • まぶたの組織の変化
  • 目のこすり癖
  • 加齢

糸は、時間の経過とともに劣化していきます。また、まぶたの組織は、加齢や紫外線の影響によって変化し、糸が留まりにくくなります。

目のこすり癖があると、糸が切れてしまう可能性が高くなります。

4. 埋没はいつか取れる?

埋没法は、糸でまぶたを留めるため、永久的な方法ではありません。糸が切れてしまったり、まぶたの組織が変化したりすることで、取れてしまうことがあります。

一般的には、埋没法の効果は約2~3年と言われています。しかし、個人差や施術内容によって、効果の持続期間は異なります。

5. 埋没が取れたときの感じ

埋没が取れたときは、以下の症状が現れることがあります。

  • 二重ラインが薄くなる
  • まぶたが腫れる
  • まぶたが痛い

これらの症状が現れたら、早めに眼科医に相談しましょう。

6. 線で留める埋没

線で留める埋没法は、糸をまぶたの裏側に通して留める方法です。点で留める埋没法よりも糸が目立ちにくいというメリットがあります。

しかし、線で留める埋没法は、点で留める埋没法よりも糸が切れてしまう可能性が高いというデメリットもあります。

7. まとめ

埋没法は、手軽で人気の高い二重手術ですが、数年経つと糸が取れてしまうことがあります。埋没が取れかけのサインに気づいたら、早めに眼科医に相談しましょう。

眼科医では、埋没のやり直しや、切開法などの他の二重手術を検討することができます。

このブログの人気の投稿

銀行から転職:キャリアアップを目指すためのガイド

親からお金を借りる:メリット・デメリット、トラブル回避策、税金対策まで徹底解説

経帷子:読み方、西洋との違い、死装束との比較、着せ方、意味、作り方、日蓮宗での使用、通販情報まで徹底解説