0120フリーダイヤル:携帯から利用できる?仕組みと注意点、便利な使い方を徹底解説!

 


近年、企業や自治体など多くの機関が顧客とのコミュニケーションツールとして0120フリーダイヤルを採用しています。しかし、フリーダイヤルは従来の固定電話のみ利用可能というイメージが強く、携帯電話から利用できないと思っている方も多いのではないでしょうか?

実は、0120フリーダイヤルは携帯電話からでも利用可能です。ただし、いくつかの注意点や便利な使い方がありますので、本記事では0120フリーダイヤルと携帯電話の関係について詳しく解説していきます。

0120 携帯にかかってくる

0120フリーダイヤルは、発信者側ではなく着信者側が通話料を負担する仕組みになっています。そのため、携帯電話であっても0120フリーダイヤルからの着信に料金は発生しません

ただし、携帯電話会社によっては、0120フリーダイヤルからの着信を**「非通知拒否設定」**している場合があります。その場合は、着信履歴に電話番号が表示されず、折り返し電話ができない可能性があります。

0120 携帯 かからない

0120フリーダイヤルからの着信が携帯電話にかかってこない場合は、以下の原因が考えられます。

  • 非通知拒否設定:前述の通り、非通知拒否設定をしていると、0120フリーダイヤルからの着信も拒否されてしまいます。
  • 圏外:電波状況が悪い場所にいると、0120フリーダイヤルからの着信を受けられない場合があります。
  • 迷惑電話対策アプリ:迷惑電話対策アプリによっては、0120フリーダイヤル番号も誤認識してブロックしてしまう場合があります。

これらの原因を解決するには、以下の方法を試してみてください。

  • 非通知拒否設定を解除する
  • 電波状況の良い場所へ移動する
  • 迷惑電話対策アプリの設定を確認する

それでも着信が受けられない場合は、0120フリーダイヤルを提供している事業者に問い合わせてみてください。

0120から携帯に電話

0120フリーダイヤルから携帯電話へ発信することはできません。0120フリーダイヤルは、発信者側ではなく着信者側が通話料を負担する仕組みになっているため、携帯電話から発信すると、発信者側に料金が発生してしまうからです。

0120に携帯からかける

0120フリーダイヤルに携帯電話からかける場合は、**「IP電話」**を利用する必要があります。IP電話とは、インターネット回線を介して通話を行う電話サービスです。

IP電話には、ソフトフォンと呼ばれるアプリを利用するものや、専用の電話機を使用するものなどがあります。IP電話サービスによっては、0120フリーダイヤルへの通話料が無料になるものもありますので、事前に確認しておきましょう。

0120携帯から無料

前述の通り、0120フリーダイヤルへの着信は携帯電話であっても無料です。また、IP電話サービスによっては、0120フリーダイヤルへの通話料も無料になる場合があります。

ただし、IP電話サービスによっては、月額料金や通話料が発生するものもありますので、利用前に確認しておくことが重要です。

0120 携帯から 通話料

0120フリーダイヤルへの通話料は、発信者側ではなく着信者側が負担する仕組みになっています。そのため、携帯電話であっても0120フリーダイヤルへ発信しても、発信者側に料金は発生しません

ただし、IP電話サービスによっては、通話料が発生するものもありますので、利用前に確認しておくことが重要です。

まとめ

0120フリーダイヤルは、携帯電話からでも利用可能です。ただし、いくつかの注意点や便利な使い方がありますので、本記事を参考に、0120フリーダイヤルを賢く活用してください。

0120フリーダイヤルを携帯電話から利用する際の注意点

  • 非通知拒否設定:0120フリーダイヤルからの着信が受けられない場合は、非通知拒否設定を解除する必要があります。
  • 電波状況:電波状況が悪い場所にいると、0120フリーダイヤルからの着信を受けられない場合があります。
  • 迷惑電話対策アプリ:迷惑電話対策アプリによっては、0120フリーダイヤル番号も誤認識してブロックしてしまう場合があります。
  • IP電話サービス:0120フリーダイヤルに携帯電話からかける場合は、IP電話サービスを利用する必要があります。IP電話サービスによっては、月額料金や通話料が発生するものもありますので、利用前に確認しておくことが重要です

このブログの人気の投稿

銀行から転職:キャリアアップを目指すためのガイド

親からお金を借りる:メリット・デメリット、トラブル回避策、税金対策まで徹底解説

経帷子:読み方、西洋との違い、死装束との比較、着せ方、意味、作り方、日蓮宗での使用、通販情報まで徹底解説