弁護士から転職新たなキャリアへ:転職の選択肢と成功の秘訣

 


弁護士として活躍された後、新たなキャリアに挑戦したいとお考えの方少なくありません

弁護士資格経験は、様々な分野高く評価されるため、転職非常に有利**です。

この記事では、弁護士から転職する際の代表的な選択肢転職活動成功させるための秘訣などについて詳しく解説します。

弁護士から裁判官

裁判官は、裁判所裁判指揮し、判決下す役割を担っています。

弁護士法知識論理的思考力は、裁判官仕事活かせるため、転職有利です。

裁判官になるには、司法試験合格する必要があります。

司法試験は、難関として知られていますが、弁護士資格を持っている人は、受験資格免除されるため、比較的有利受験**することができます。

弁護士から検察官

検察官は、犯罪捜査公判指揮し、被告人起訴する役割を担っています。

弁護士法知識調査能力は、検察官仕事活かせるため、転職有利です。

検察官になるには、司法試験合格する必要があります。

司法試験は、難関として知られていますが、弁護士資格を持っている人は、受験資格免除されるため、比較的有利受験**することができます。

弁護士から教授

法科大学院大学法学部教鞭を執る教授は、法学研究教育っています。

弁護士専門知識指導力は、教授仕事活かせるため、転職有利です。

教授になるには、大学院博士号を取得する必要がある**ことが多いです。

博士号取得には時間労力がかかりますが、法学研究興味があるにとっては魅力的な選択肢**です。

弁護士から公務員

法務省総務省などの中央省庁都道府県庁市役所などの地方自治体公務員として勤務するがあります。

弁護士法知識分析力は、公務員仕事活かせるため、転職有利です。

公務員になるには、国家公務員試験地方公務員試験合格する必要があります。

公務員試験は、教養試験専門試験など複数の試験合格する必要があります。

弁護士から司法書士

司法書士は、不動産登記商業登記などの登記に関する業務専門扱う職業**です。

弁護士法知識調査能力は、司法書士仕事活かせるため、転職有利です。

司法書士になるには、司法書士試験合格する必要があります。

司法書士試験は、比較的合格率が高い試験**として知られています。

弁護士 転職先

上記以外にも、弁護士資格経験活かせる****転職先様々あります。

  • 企業の法務部
  • コンサルティング会社
  • 金融機関
  • 国際機関
  • ベンチャー企業

弁護士 転職 年齢

弁護士は、年齢に関係なく転職することができます。

近年では、シニア層弁護士転職増えています

このブログの人気の投稿

銀行から転職:キャリアアップを目指すためのガイド

亡くなってから葬儀まで1週間:遺体安置、腐敗、仕事、2週間後の葬儀など、気になる疑問を徹底解説

経帷子:読み方、西洋との違い、死装束との比較、着せ方、意味、作り方、日蓮宗での使用、通販情報まで徹底解説