埋没二重手術抜糸してよかった本当に必要?抜糸後の経過や注意点、メリットデメリットを徹底解説

 


埋没二重手術は、手軽に二重まぶたを作れる人気の手術ですが、術後の経過や抜糸の必要性について疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

本記事では、

  • 埋没手術後の抜糸について
  • 抜糸の必要性
  • 抜糸後の経過
  • 抜糸のメリットとデメリット

などを詳しく解説します。

埋没二重手術を検討している方や、抜糸について迷っている方は、ぜひ参考にしてください!

1. 埋没して良かった

埋没二重手術は、メスを使わずに二重まぶたを作れる手術です。ダウンタイムも短いため、忙しい方にも人気があります。

埋没手術メリットは、以下の通りです。

  • メスを使わない
  • ダウンタイムが短い
  • やり直しがきく
  • 比較的安価

埋没手術を受けた多くの方が、二重まぶたになったことや、手術を受けて良かったと感じています。

ただし、埋没手術は永久的なものではないため、定期的にメンテナンスが必要です。

2. 埋没 抜糸 しない 方がいい

埋没手術の抜糸は、必ずしも必要ではありません

抜糸は、体内から取り出すために行われます。

体内に残っていると、炎症感染を起こす可能性があるため、抜糸が必要となります。

しかし、体内自然に溶けてしまう場合もあり、抜糸必要ありません**。

抜糸が必要かどうかは、医師によって判断されます。

3. 埋没 抜糸して よかった 知恵袋

埋没手術の抜糸について、知恵袋などでは様々な意見が投稿されています。

抜糸をした方が良かったという意見が多いようです。

抜糸をしたことで、腫れ痛み軽減した、二重まぶたが自然になったなどの声が多く**見られます。

一方で、抜糸をしなかったことで、残ってしまった**、二重まぶたが戻ってしまったなどのトラブル発生しています。

4. 埋没 抜糸 しない と どうなる

埋没手術の抜糸をしないと、以下のような問題**が発生する可能性があります。

  • 体内炎症を起こす
  • 感染する
  • 皮膚突き出てくる
  • 二重まぶたが不自然**になる
  • 二重まぶたが戻ってしまう

これらの問題回避するためには、抜糸受けることをおすすめします。

5. 抜糸 埋没 ダウンタイム

埋没手術の抜糸は、手術後1~2週間頃に行われることが多いです。

抜糸自体は5~10分程度済みますが、麻酔が切れるまで30分程度かかります

抜糸後のダウンタイムは、個人差がありますが、1~2日程度です。

腫れ痛みは、抜糸前よりも軽いことが多いです。

6. 抜糸 埋没 同時

埋没手術抜糸同時に行うクリニックもあります。

同時に行うことで、来院回数を減らすことができます。

ただし、すべてのクリニックで同時に行っているわけではないため、事前に確認が必要です。

7. 抜糸してから埋没

抜糸してから再び埋没手術を行うことも可能です。

抜糸から1~2ヶ月程度経過すれば、再び埋没手術を行うことができます。

ただし、体内完全に溶けていない場合は、埋没手術できない**場合があります。

8. 埋没 抜糸 翌日

埋没手術の抜糸翌日は、以下の点注意しましょう。

  • 患部清潔に保つ
  • 激しい運動入浴は**控える
  • 紫外線対策をする
  • メイク控えめにする
  • 違和感痛みがある場合は、医師相談する

抜糸後は、しばらくの間腫れ痛み続く場合があります。

これらの症状は、自然に治りますが、気になる場合は冷やす効果的です。

また、抜糸後は二重まぶた少し弱くなる場合があります。

これは体内から抜けたためです

二重まぶた完全に安定**するまでには、約1ヶ月かかります。

抜糸後は、医師指示に従って経過を観察しましょう

まとめ

埋没手術の抜糸は、必ずしも必要ではありませんが、トラブル回避するためにはおすすめです。

抜糸は、医師によって判断されるため、不安な場合は医師相談しましょう。

抜糸後は、患部清潔に保ち、激しい運動入浴控えましょう。

二重まぶた完全に安定**するまでには、約1ヶ月かかります。

埋没手術を検討している方や、抜糸について迷っている方は、本記事を参考にして、納得のいく判断をしてください。

このブログの人気の投稿

銀行から転職:キャリアアップを目指すためのガイド

亡くなってから葬儀まで1週間:遺体安置、腐敗、仕事、2週間後の葬儀など、気になる疑問を徹底解説

経帷子:読み方、西洋との違い、死装束との比較、着せ方、意味、作り方、日蓮宗での使用、通販情報まで徹底解説