投稿

6月, 2024の投稿を表示しています

給与からの天引きってどんなもの?控除項目や上限、給与が上がらない理由まで徹底解説

  はじめに 給与明細を見てみると、 手取り額から様々な項目が控除されていることに気づいたことはありませんか?これらの控除項目は、 主に税金や社会保険料などの支払い義務に基づいて行われます。 この記事では、 給与からの天引きについて、 以下の内容を詳しく解説します。 給与からの天引きとは? 給与から天引きできるもの 給与からの天引きの仕組み 給与からの天引きの上限 なぜ給与が上がらないのか 見出し1:給与からの天引き 労使協定 給与から天引きできる項目は、 法律で定められているものと、 労使協定で定められているものがあります。 法律で定められているもの: 所得税、 住民税、 社会保険料など 労使協定で定められているもの: 損害賠償金、 寮費、 社宅費、 旅行積立金など 労使協定とは、 労働者と使用者間で締結する労働条件に関する協定です。 労使協定で定められた天引き項目は、 労働者の同意が必要となります。 見出し2:給与からの天引き 住民税 住民税は、 住民の生活の基盤となる地域のために必要な税金です。 住民税は、 市町村ごとに税率が定められています。 住民税の計算方法 住民税は、 前年の所得に基づいて計算されます。 具体的には、 以下の式で計算されます。 住民税 = 所得金額 × 住民税率 住民税率 住民税率は、 市町村によって異なりますが、 一般的に10%程度です。 見出し3:給与からの天引き 社会保険料 社会保険料は、 病気や怪我、 老齢、 失業などの際に備えるための保険料です。 社会保険料は、 健康保険料、 厚生年金保険料、 雇用保険料の3種類に分けられます。 社会保険料の計算方法 社会保険料は、 加入者の給与に基づいて計算されます。 具体的には、 以下の式で計算されます。 健康保険料: 給与標準額 × 健康保険料率 厚生年金保険料: 給与標準額 × 厚生年金保険料率 雇用保険料: 給与標準額 × 雇用保険料率 社会保険料率 社会保険料率は、 加入者の年齢や給与によって異なります。 見出し4:給与からの天引き 預金 給与から一定額を自動的に預金する制度も一般的です。 この制度を利用することで、 無理なく貯蓄することができます。 給与からの自動預金の仕組み 給与から自動的に預金する場合は、 金融機関と口座振替契約を締結する必要があります。 口座振替契約