経帷子:読み方、西洋との違い、死装束との比較、着せ方、意味、作り方、日蓮宗での使用、通販情報まで徹底解説

 


経帷子 読み方

「経帷子」は「きょうかたびら」と読みます。「きょうかたびら」は「きょうかいこ」と略されることもあります。

経帷子 西洋

西洋には、経帷子のような死装束はありません。西洋では、一般的に白い衣装を着て埋葬されます。これは、キリスト教の死生観に基づいています。キリスト教では、死は永遠の命への移行と考えられており、白い衣装は純潔や希望の象徴とされています。

経帷子 死装束 違い

経帷子は、死装束の一種ですが、死装束には様々な種類があります。経帷子は、主に浄土宗や真宗で用いられる死装束です。一方、浄土真宗では「白浄衣」と呼ばれる死装束が用いられます。

経帷子と白浄衣の主な違いは以下の通りです。

  • 素材: 経帷子は麻で作られますが、白浄衣は綿で作られます。
  • 色: 経帷子は白ですが、白浄衣は白または薄い黄色です。
  • 形状: 経帷子は僧侶の衣に似た形状ですが、白浄衣は浴衣のような形状です。

経帷子 着せ方

経帷子は、故人が亡くなった後に着せます。着せ方は宗派によって多少異なりますが、基本的な手順は以下の通りです。

  1. 故人の体を清拭する。
  2. 経帷子を裏返して広げる。
  3. 故人の体を経帷子の中に入れる。
  4. 経帷子の袖と裾を結び、形を整える。

経帷子 意味

経帷子は、故人が仏の世界へ生まれ変わるための衣装と考えられています。麻で作られているのは、麻は清浄な素材とされ、死後の世界を表しているからです。

経帷子 作り方

経帷子は、一般的に寺院で作られます。しかし、近年では手作りする人も増えています。経帷子の作り方については、インターネット上や書籍などで情報を得ることができます。

経帷子 日蓮宗

日蓮宗では、経帷子ではなく「白装束」と呼ばれる死装束を用います。白装束は、白麻で作られた着物を着た上から、白無垢を羽織るというものです。

経帷子 通販

経帷子は、インターネット通販で購入することができます。価格は、素材やデザインによって異なりますが、数千円から数万円程度です。

まとめ

経帷子は、浄土宗や真宗で用いられる死装束の一種です。麻で作られた白無垢のような形状で、故人が仏の世界へ生まれ変わるための衣装と考えられています。

近年では、経帷子の手作りや通販で購入することも可能になっています。


このブログの人気の投稿

銀行から転職:キャリアアップを目指すためのガイド

親からお金を借りる:メリット・デメリット、トラブル回避策、税金対策まで徹底解説