ぷくっと目の下が腫れる、原因と対処法を徹底解説!

 


まぶたの下がぷくっと目の下が腫れる、かゆみや痛みを感じたことはありませんか?

実は、この症状には様々な原因が考えられます。この記事では、「ぷくっと目の下が腫れる」という症状の原因と、それぞれの対処法について詳しく解説していきます。


1. 子供によく見られる!目の下の腫れの原因

子供の場合、目の下の腫れの原因として以下のようなものが考えられます。

  • ものもらい(麦粒腫):まぶたの脂腺が細菌感染を起こした状態です。片方のまぶただけ腫れることが多いのが特徴です。
  • アレルギー性結膜炎:ハウスダストや花粉などのアレルゲンが原因で起こる結膜炎です。かゆみ、充血、涙目などの症状が現れます。
  • 虫刺され:目の周りの皮膚が虫に刺されたことで腫れることがあります。
  • プール熱:アデノウイルスが原因で起こる感染症です。発熱、咽頭痛、目の充血などの症状が現れます。

2. 冷やすと効果的?目の下の腫れを軽減する方法

目の下の腫れを軽減するには、以下の方法が有効です。

  • 冷やす:患部を冷やすことで、炎症を抑えることができます。清潔なタオルに氷を包んで患部に当てたり、冷湿布を使用したりしましょう。
  • 目をこすらない:目をこすると炎症が悪化することがあります。こすりたくなったら、清潔な手で軽く押さえるようにしましょう。
  • 睡眠をしっかりとる:睡眠不足は目の周りの血行を悪化させ、腫れを悪化させる原因となります。十分な睡眠時間を確保しましょう。

3. 痛みがある場合は要注意!目の下の腫れのサイン

目の下の腫れに痛みがある場合は、以下の病気が考えられます。

  • 麦粒腫(ものもらい):進行すると痛みを伴うようになります。
  • 涙嚢炎:涙の通り道が細菌感染を起こした状態です。目ヤニや痛み、発熱などの症状が現れます。
  • 眼窩蜂巣炎:目の奥の組織が細菌感染を起こした状態です。強い痛み、発熱、視力障害などの症状が現れます。

これらの症状がある場合は、早めに眼科を受診しましょう。

4. 目の下の腫れで受診すべき科は?

目の下の腫れの原因によっては、眼科以外にも皮膚科内科を受診する必要があります。

  • 眼科:ものもらい、アレルギー性結膜炎、涙嚢炎、眼窩蜂巣炎など
  • 皮膚科:アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎など
  • 内科:腎臓病、甲状腺機能障害など

5. 目の下がぷっくり腫れるその他の原因

目の下がぷっくり腫れる原因としては、上記以外にも以下のようなものが考えられます。

  • むくみ:睡眠不足、塩分の摂りすぎ、アルコールの飲みすぎなどが原因で起こります。
  • 疲労:目の酷使やストレスなどが原因で起こります。
  • 加齢:まぶたの皮膚がたるみ、脂肪が溜まりやすくなります。

6. アレルギーが原因の目の下の腫れ

アレルギーが原因で目の下の腫れが起こる場合は、以下の対策が有効です。

  • アレルゲンを避ける:ハウスダストや花粉などのアレルゲンをできるだけ避けるようにしましょう。
  • 掃除をこまめに行う:家の中の掃除をこまめに行い、アレルゲンの量を減らしましょう。
  • 空気清浄機を使用する:空気清浄機を使用することで、アレルゲンの量を減らすことができます。
  • 抗アレルギー薬を服用する:医師に相談の上、抗アレルギー薬を服用することもできます。

7:目の下が赤く腫れている場合は?

目の下が赤く腫れている場合は、目の充血が原因である可能性があります。目の充血には、以下のような原因が考えられます。

  • 結膜炎:ウイルスや細菌、アレルギーなどが原因で起こる結膜炎です。かゆみ、充血、涙目などの症状が現れます。
  • ドライアイ:涙の量が減ったり、涙の質が低下したりすることで起こります。目の乾燥、ゴロゴロ感、充血などの症状が現れます。
  • 眼瞼炎:まぶたの炎症です。かゆみ、赤み、腫れなどの症状が現れます。
  • 角膜炎:角膜が傷つくことで起こります。痛み、充血、羞明などの症状が現れます。

これらの症状がある場合は、眼科を受診しましょう。

8:ぷくっ と 目の下 が腫れる 痛くない

目の下が腫れていても痛くない場合は、むくみ疲労などが原因である可能性があります。

  • むくみ:睡眠不足、塩分の摂りすぎ、アルコールの飲みすぎなどが原因で起こります。
  • 疲労:目の酷使やストレスなどが原因で起こります。

これらの場合は、以下の対策が有効です。

  • 十分な睡眠をとる
  • 塩分の摂取量を控える
  • アルコールを控える
  • 目を休める
  • ストレスを解消する

また、冷やすことで腫れを軽減することができます。

ただし、上記はあくまでも一般的な情報であり、医学的な診断や治療ではありません。目の下の腫れが気になる場合は、必ず医師に相談してください。

このブログの人気の投稿

銀行から転職:キャリアアップを目指すためのガイド

亡くなってから葬儀まで1週間:遺体安置、腐敗、仕事、2週間後の葬儀など、気になる疑問を徹底解説

親からお金を借りる:メリット・デメリット、トラブル回避策、税金対策まで徹底解説