アクセンチュアから転職:成功者の体験談と転職先選びのポイント

 


コンサルティング業界のトップ企業であるアクセンチュアは、優秀な人材が集まることで知られています。しかし、長時間労働や厳しい社風などが原因で、転職を考える人も少なくありません。

この記事では、アクセンチュアから転職した人の体験談と、転職先選びのポイントをご紹介します。

アクセンチュアからの転職先

アクセンチュアから転職する場合、主な転職先は以下のような企業が挙げられます。

  • 他のコンサルティングファーム: アクセンチュアで培った経験を活かして、より高待遇なコンサルティングファームに転職するケースがあります。
  • IT企業: システム開発やコンサルティング経験を活かして、IT企業に転職するケースがあります。
  • 金融機関: コンサルティング経験を活かして、金融機関の営業職やコンサルティング部門に転職するケースがあります。
  • 製造業: システム開発経験やコンサルティング経験を活かして、製造業のIT部門やコンサルティング部門に転職するケースがあります。
  • ベンチャー企業: アクセンチュアで培った経験とスキルを活かして、ベンチャー企業で経営幹部やコンサルタントとして活躍するケースがあります。

なぜアクセンチュアなのか

アクセンチュアは、コンサルティング業界の中でもトップクラスの給与水準と福利厚生を提供しています。また、海外勤務の機会も多く、キャリアアップのチャンスも豊富です。

しかし、その一方で、長時間労働や厳しい社風も特徴です。また、コンサルタントとして高いスキルが求められるため、常にプレッシャーを感じながら仕事をすることになります。

元アクセンチュア 転職先

アクセンチュアから転職した人の転職先としては、以下のような企業が挙げられます。

  • マッキンゼー・アンド・カンパニー: 世界最大級のコンサルティングファーム。アクセンチュアと並び、コンサル業界のトップ企業として知られています。
  • ボストン・コンサルティング・グループ (BCG): 世界有数のコンサルティングファーム。アクセンチュア、マッキンゼーアンドカンパニーと並ぶ、コンサル業界の三大ファームの一つです。
  • デロイト トーマスツ: 世界最大の監査法人の一つ。コンサルティング事業も積極的に展開しており、アクセンチュアからの転職者も多い企業です。
  • KPMG: 世界四大監査法人の一つ。コンサルティング事業も展開しており、アクセンチュアからの転職者も多い企業です。
  • PwC: 世界四大監査法人の一つ。コンサルティング事業も展開しており、アクセンチュアからの転職者も多い企業です。

なぜアクセンチュア 志望動機

アクセンチュアを志望する理由は、人それぞれです。以下は、アクセンチュアを志望する主な理由です。

  • 高い給与水準と福利厚生: アクセンチュアは、コンサルティング業界の中でもトップクラスの給与水準と福利厚生を提供しています。
  • 海外勤務の機会: アクセンチュアは、世界中に拠点を持つグローバル企業です。そのため、海外勤務の機会も多く、国際的なキャリアを築くことができます。
  • キャリアアップのチャンス: アクセンチュアは、コンサルタントとして高いスキルが求められるため、常にプレッシャーを感じながら仕事をすることになります。しかし、その一方で、キャリアアップのチャンスも豊富です。
  • コンサルティング業界のトップ企業で働きたい: アクセンチュアは、コンサルティング業界のトップ企業であり、そのブランド力は非常に高いです。そのため、コンサルティング業界のトップ企業で働きたいという理由で志望する人も少なくありません。

まとめ

アクセンチュアから転職する場合、転職先選びは非常に重要です。自身のキャリア目標やスキル、価値観などをしっかりと考えた上で、自分に合った転職先を選ぶようにしましょう。

このブログ記事は、アクセンチュアから転職を検討している人向けの情報提供のみを目的としています。転職活動を行う際は、必ず自身の判断で行動してください。

このブログの人気の投稿

銀行から転職:キャリアアップを目指すためのガイド

亡くなってから葬儀まで1週間:遺体安置、腐敗、仕事、2週間後の葬儀など、気になる疑問を徹底解説

親からお金を借りる:メリット・デメリット、トラブル回避策、税金対策まで徹底解説