電気工事士って大変?「頭おかしい」と言われる理由とリアルな現場の状況を徹底解説!

 


電気工事士は、社会インフラを支える重要な役割を担う専門職です。しかし、その仕事内容は想像以上に過酷で、**「頭おかしい」**とまで言われてしまうこともあるようです。

この記事では、電気工事士が「頭おかしい」と言われる理由について、リアルな現場の状況を交えながら詳しく解説していきます。また、電気工事士の仕事内容必要な資格電気工事士に向いている人についても紹介するので、電気工事士を目指す方や、電気工事士の仕事に興味がある方はぜひ参考にしてください。

電気工事士 落ちた理由

電気工事士の試験は、合格率が約30%と難関として知られています。試験に落ちた受験者の中には、勉強不足試験対策不足が原因で落ちたという人もいれば、試験問題の内容が難しくて解けなかったという人もいます。

また、実技試験では、実際に電気配線をしたり、電気機器を組み立てたりする必要がありますが、実技試験に不合格してしまう人も少なくありません。

電気工事士 落ち た 納得 できない

電気工事士の試験に落ちた場合、悔しい気持ち納得できない気持ちになるのは当然です。しかし、そこで諦めてしまうのはもったいないです。

試験に落ちた原因を分析し、次回の試験に向けて対策を練ることが重要です。参考書や問題集を使って勉強したり、模擬試験を受けたりして、自分の弱点を克服しましょう。

また、電気工事士の養成学校に通ったり、電気工事士の経験者に指導を受けたりするのも有効です。

電気工事士 怒られる

電気工事の現場では、ミスが許されない厳しい環境です。そのため、ちょっとしたミスでも怒られることがよくあります。

特に、先輩から怒られることが多く、精神的に辛いと感じる人もいるようです。しかし、怒られるということは、成長のチャンスだと思って、謙虚に学ぶ姿勢が大切です。

電気工事士 どっちが難しい

電気工事士には、第一種電気工事士第二種電気工事士の2種類があります。第一種電気工事士の方が難易度が高く試験範囲も広いです。

第二種電気工事士は、比較的難易度が低く、試験範囲も狭いです。電気工事士を目指す場合は、自分のスキルや目標に合わせて、どちらの試験を受けるか決めるのが良いでしょう。

電気工事士 忙しい時期

電気工事士は、繁忙期閑散期がはっきりしています。繁忙期は、新築やリフォームなどが多くなるです。繁忙期には、残業休日出勤が多くなることもありますが、収入も増えるので、やりがいを感じられるでしょう。

閑散期は、です。閑散期には、仕事量が減少し、収入も減ってしまうことがあります。しかし、資格取得スキルアップのための勉強に時間を充てることができるので、自己研鑽のチャンスと言えるでしょう。

電気工事士 覚えられない

電気工事士の仕事には、電気に関する専門知識が必要となります。電気に関する法律電気設備の構造など、覚えるべきことはたくさんあります。

覚えることが多くて大変と感じる人もいるかもしれませんが、何度も復習することで、次第に覚えられるようになります。また、参考書問題集を活用したり、電気工事士の経験者に教えを受けたりするのも有効です。

電気工事士 危ない

電気工事の現場は、高所狭い場所で作業することも多く、危険が伴います。感電落下の事故など、重大事故に繋がる危険性も常にあります。

そのため、安全帯ヘルメットなどの保護具を着用し、安全に作業することが重要です。また、周囲の状況に常に注意し、危険な作業は避けるようにしましょう。

まとめ

電気工事士は、やりがいのある仕事ですが、大変な面もあります。電気に関する知識技術を習得し、安全に作業することが求められます。


このブログの人気の投稿

銀行から転職:キャリアアップを目指すためのガイド

亡くなってから葬儀まで1週間:遺体安置、腐敗、仕事、2週間後の葬儀など、気になる疑問を徹底解説

親からお金を借りる:メリット・デメリット、トラブル回避策、税金対策まで徹底解説