結婚式二次会やらなきゃよかった本当に必要?後悔しないための5つのポイント


結婚式は人生の晴れ舞台。一生に一度の大切なイベントだからこそ、準備は入念に行いたいものです。しかし、準備に追われる中で、「二次会って本当に必要なの?」「やらなきゃよかった?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

この記事では、結婚式二次会について、やるべきか悩んでいる方に向けて、以下の5つのポイントを解説します。

1. ドレスは着替えるべき?二次会で着られるおすすめのスタイル

2. 二次会でドレスのまま過ごす?メリットとデメリット

3. そもそも二次会はやるべき?

4. 二次会をやらない場合の過ごし方

5. 二次会を成功させるために決めるべきこと

これらのポイントを参考に、自分たちにとって最適な二次会プランを見つけてください。

1. ドレスは着替えるべき?二次会で着られるおすすめのスタイル

二次会では、披露宴で着たドレスのまま過ごすことも、カジュアルなドレスに着替えることもできます。どちらを選ぶべきかは、二次会の雰囲気や時間帯、ゲストの服装などを考慮する必要があります。

二次会でドレスのまま過ごす場合

  • 披露宴で着たドレスをカジュアルダウンさせるために、ボレロやジャケットを羽織ったり、アクセサリーを変えたりする
  • 二次会専用のドレスを用意する

二次会でカジュアルなドレスに着替える場合

  • カクテルドレスやワンピースなど、動きやすいドレスを選ぶ
  • 二次会のテーマに合わせたドレスを選ぶ

おすすめのスタイル

  • レストランやホテルで行う二次会であれば、カクテルドレスやワンピースが定番
  • ガーデンパーティなどカジュアルな雰囲気の二次会であれば、カジュアルドレスやサマードレスがおすすめ
  • ゲストの服装がカジュアルな場合は、それに合わせたラフなドレスを選ぶ

2. 結婚式二次会 ドレスのまま

二次会でドレスのまま過ごす場合、以下の点に注意しましょう。

  • 二次会を行う場所や時間帯に合ったドレスを選ぶ
  • 動きやすい素材のドレスを選ぶ
  • 着替えやすいデザインのドレスを選ぶ

メリット

  • 披露宴から二次会までスムーズに移行できる
  • ヘアメイクを崩さずに済む

デメリット

  • トイレに行く際に不便
  • 汗をかいたり汚れたりすると、ドレスが傷む可能性がある

3. 結婚式二次会 やるかやらないか

二次会は必ずやらなければならないという決まりはありません。自分たちにとって本当に必要なイベントかどうか、よく考えてみましょう。

二次会をやるべきか判断するポイント

  • ゲストとの交流をもっとしたいかどうか
  • 思い出に残る写真をたくさん撮りたいかどうか
  • 普段なかなか会えない人とゆっくり話したいかどうか
  • 何か特別な演出をしたいかどうか

二次会をやらない場合

  • 披露宴の後に、少人数で食事会をする
  • ゲストに感謝の気持ちを伝えるために、後日改めて会食する
  • 二次会の費用を節約する

4. 結婚式 二次会 やらなくてもいい

二次会をやらない場合、以下の点に注意しましょう。

  • ゲストには、二次会を行わないことを事前に伝えておく
  • 披露宴で感謝の気持ちをしっかりと伝える
  • 二次会の代わりに、後日改めて会食するなど、ゲストとの交流の場を設ける

5. 結婚式 二次会 いつまでに決める

二次会を行うかどうかを決めたら、早めに準備を始めましょう。一般的には、結婚式本番の3ヶ月前から準備を始めるのがおすすめです。

二次会を決めるべき時期

  • ゲストリストを作成する
  • 会場を探す
  • 幹事を決める
  • 料理や飲み物を決める
  • 余興やゲームを企画する
  • 招待状や席次表を作成する

まとめ

結婚式二次会は、自分たちにとって本当に必要かどうかをじっくり考えてみましょう。二次会を行う場合は、早めに準備を始め、後悔のない思い出に残るイベントになるようにしましょう。

このブログの人気の投稿

銀行から転職:キャリアアップを目指すためのガイド

親からお金を借りる:メリット・デメリット、トラブル回避策、税金対策まで徹底解説

経帷子:読み方、西洋との違い、死装束との比較、着せ方、意味、作り方、日蓮宗での使用、通販情報まで徹底解説