一般社団法人って儲かるの?設立や運営、収入源まで徹底解説


はじめに:

近年、社会貢献活動や地域活動などを行う一般社団法人が注目されています。しかし、一般社団法人は営利を目的とする法人ではないため、「儲かる」というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?

この記事では、一般社団法人と株式会社の違い、一般社団法人の収入源、設立や運営について詳しく解説します。

一般社団法人 儲け方:

一般社団法人は、営利を目的とする法人ではないため、利益を分配したり、株主へ配当したりすることはできません。しかし、活動の中で利益を出すことは可能です。その利益は、活動資金として活用することができます。

一般社団法人 300万円:

一般社団法人の設立には、最低300万円の設立費用が必要です。これは、定款認証手数料、登録免許税、事務所費、役員報酬などの費用が含まれます。

一般社団法人 稼ぐ:

一般社団法人は、以下のような方法で収入を得ることができます。

  • 会費: 会員から徴収する会費は、一般社団法人の主な収入源となります。
  • 事業収入: 活動の一環として事業を行い、その収益を得ることができます。
  • 補助金: 国や地方自治体から、活動内容に合致する補助金を受けることができます。
  • 寄付: 企業や個人から寄付を受けることができます。

一般社団法人 金儲け:

一般社団法人は、金儲けを目的とする法人ではありません。活動を通じて社会貢献を行うことを目的としています。利益を出すことはできますが、その利益は活動資金として活用する必要があります。

なぜ一般社団法人を設立するのか:

一般社団法人を設立する理由は、様々です。主な理由は以下の通りです。

  • 社会貢献活動や地域活動を行うため: 社会課題の解決や地域活性化など、社会貢献活動や地域活動を行うために設立されます。
  • 専門的な知識や技術を持つ人々が集まり、情報交換や協働を行うため: 同じ分野で活動する人々が集まり、情報交換や協働を行うために設立されます。
  • 資格や免許の発行を行うため: 特定の資格や免許の発行を行うために設立されます。

一般社団法人 どんな会社:

一般社団法人は、非営利法人です。株式会社と異なり、利益を分配したり、株主へ配当したりすることはできません。また、設立には最低300万円の費用が必要です。

一般社団法人の収入源:

一般社団法人の収入源は、主に以下の通りです。

  • 会費: 会員から徴収する会費
  • 事業収入: 活動の一環として事業を行い、その収益
  • 補助金: 国や地方自治体から、活動内容に合致する補助金
  • 寄付: 企業や個人から寄付

株式会社と一般社団法人:

株式会社と一般社団法人は、以下の点で大きく異なります。

項目株式会社一般社団法人
目的営利非営利
利益の分配可能不可能
株主への配当可能不可能
設立費用比較的安価最低300万円
設立手続き比較的簡単比較的複雑










まとめ:

一般社団法人は、営利を目的とする法人ではありませんが、活動の中で利益を出すことは可能です。その利益は、活動資金として活用することができます。

一般社団法人の設立や運営には、様々な注意点があります。一般社団法人設立を検討している場合は、専門家に相談することをおすすめします。

この記事が、一般社団法人について理解を深めるきっかけになれば幸いです。

このブログの人気の投稿

銀行から転職:キャリアアップを目指すためのガイド

親からお金を借りる:メリット・デメリット、トラブル回避策、税金対策まで徹底解説

経帷子:読み方、西洋との違い、死装束との比較、着せ方、意味、作り方、日蓮宗での使用、通販情報まで徹底解説