携帯からフリーダイヤルにかける方法:料金や注意点も徹底解説!

 


近年、スマホの普及により、携帯電話からフリーダイヤルへかける機会も増えています。しかし、携帯電話からフリーダイヤルへかける方法や、料金について疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、携帯電話からフリーダイヤルへかける方法、料金、注意点について詳しく解説します。

1. 携帯からフリーダイヤルにかける

一般的に、携帯電話からフリーダイヤルへ直接かけることはできません。これは、フリーダイヤルが固定電話専用のサービスだからです。

しかし、いくつか方法を組み合わせることで、携帯電話からフリーダイヤルへかけることは可能です。

2. 携帯からフリーダイヤルに電話するにはどうすればいいですか

携帯電話からフリーダイヤルへかける方法は、主に以下の3つがあります。

2-1. 転送サービスを利用する

携帯電話会社によっては、フリーダイヤルへの転送サービスを提供しています。このサービスを利用すれば、携帯電話からフリーダイヤルへ直接かけることができます。

2-2. 専用アプリを利用する

フリーダイヤルへの通話に特化したアプリを利用することで、携帯電話からフリーダイヤルへかけることができます。これらのアプリは、無料で利用できるものが多いです。

2-3. Wi-Fi通話を利用する

Wi-Fi通話機能を利用すれば、携帯電話から固定電話回線へ接続してフリーダイヤルへかけることができます。ただし、Wi-Fi環境が必要となるため、注意が必要です。

3. 携帯からフリーダイヤルへ 通話料 料金

携帯電話からフリーダイヤルへかける場合、以下の2つの料金が発生します。

3-1. 転送サービス利用料

携帯電話会社によっては、フリーダイヤルへの転送サービス利用料が発生します。料金は会社によって異なりますが、月額数百円程度が一般的です。

3-2. 通話料

転送先の固定電話回線への通話料が発生します。料金はプランや通話時間によって異なりますが、一般的には20円~30円/分程度です。

4. 携帯からフリーダイヤルにかける方法

携帯電話からフリーダイヤルへかける方法は、利用するサービスによって異なりますが、以下に一般的な方法を紹介します。

4-1. 転送サービスを利用する場合

  1. 携帯電話会社に転送サービスを申し込む
  2. 転送サービスの電話番号を控える
  3. フリーダイヤルの電話番号の前に転送サービスの電話番号をダイヤルする
  4. 携帯電話の画面に表示される指示に従って操作する

4-2. 専用アプリを利用する場合

  1. 専用アプリをダウンロードしてインストールする
  2. アプリ内でフリーダイヤルの電話番号を入力する
  3. アプリの指示に従って通話する

4-3. Wi-Fi通話を利用する場合

  1. 携帯電話の設定でWi-Fi通話を有効にする
  2. Wi-Fi環境に接続する
  3. フリーダイヤルの電話番号をダイヤルする

5. 携帯からフリーダイヤル お金かかる

携帯電話からフリーダイヤルへかける場合、上記の「携帯からフリーダイヤルへ 通話料 料金」で説明したように、転送サービス利用料と通話料が発生します。

ただし、一部の格安SIMプランでは、フリーダイヤルへの通話料が無料になるものもあります。

フリーダイヤルへかける前に、利用するサービスの料金プランをよく確認することをおすすめします。

6. フリーダイヤルから携帯に着信

フリーダイヤルから携帯電話に着信することは可能です。ただし、携帯電話側で着信拒否設定をしている場合は、着信できません。

また、携帯電話会社によっては、フリーダイヤルからの着信を制限している場合もあります。

フリーダイヤルから携帯電話へかける場合は、事前に相手に伝えておくことをおすすめします。

7. 携帯からでもフリーダイヤルは無料

フリーダイヤルは、基本的には発信者側ではなく、着信者側が通話料を負担するサービスです。

そのため、携帯電話からフリーダイヤルへかけても、発信者側には通話料は発生しません。

ただし、上記で説明したように、転送サービス利用料や通話料が発生する場合があります。

まとめ

携帯電話からフリーダイヤルへかける方法は、いくつかありますが、いずれの方法でも料金が発生する可能性があります。

フリーダイヤルへかける前に、利用するサービスの料金プランをよく確認し、必要に応じて転送サービスや専用アプリを利用することをおすすめします。

また、フリーダイヤルから携帯電話へかける場合は、事前に相手に伝えておくことを忘れずに。

このブログの人気の投稿

銀行から転職:キャリアアップを目指すためのガイド

親からお金を借りる:メリット・デメリット、トラブル回避策、税金対策まで徹底解説

経帷子:読み方、西洋との違い、死装束との比較、着せ方、意味、作り方、日蓮宗での使用、通販情報まで徹底解説